検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Stability of ideal MHD ballooning modes and its stabilization by toroidal rotation shear near separatrix

セパラトリクス近傍における理想MHDバルーニングモード安定性とトロイダル流シアによる安定化

古川 勝; 徳田 伸二; 若谷 誠宏*

Furukawa, Masaru; Tokuda, Shinji; Wakatani, Masahiro*

本報では、回転がない、あるいはトロイダル回転するD型トカマクのHモード(高閉じ込めモード)プラズマにおいて、セパラトリクス(X点)は、ペデスタル内の薄い層でしか高n(n: トロイダルモード数)バルーニング安定性に影響を与えない。したがって、セパラトリクスのあるトロイダル回転プラズマにおいても、やはりD型化はバルーニングモードを効果的に安定化することについて記述している。

In the H-mode (high-confinement mode) pedestal region of a static or a toroidally rotating D-shaped tokamak plasma, the separatrix or the X-point affects the high-n ballooning stability (n: toroidal mode number) only in a thin layer in the pedestal region. Therefore, D-shaping effectively stabilizes the ballooning modes even for a toroidally rotating plasma with a separatrix.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:24.51

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.