検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

日本原子力研究所の計量管理システムの開発,運用

Development and operation of nuclear material accounting system of JAERI

小畑 敬; 沼田 和義; 並木 伸爾; 鈴木 恒男*; 山内 隆弘*

Obata, Takashi; Numata, Kazuyoshi; Namiki, Shinji; Suzuki, Tsuneo*; Yamauchi, Takahiro*

日本原子力研究所(原研)では、従来大型計算機による計量管理を行ってきたが、操作,管理の容易さ,計量管理データの柔軟な利用を目的に、平成11年からPCベースの計量管理システムを開発し、平成14年10月から運用を開始した。開発した計量管理システムは、サーバを中心にクライアントから専用アプリケーションで操作を行うサーバ・クライアント方式を採用しており、計量管理データの入力,編集,査察対応データの作成,国への報告書の作成などが容易に行うことができる。さらにプログラミング言語を使用してデータベースにアクセスすることで、計量管理データを利用したWebアプリケーションをユーザレベルで作成することも可能である。現在は原研に特化したシステムであるが、当システムを汎用化し、他施設,機関でも使用できるシステムとして開発する計画中である。ここでは、日本原子力研究所の計量管理システムの概要及び運用状況について述べる。

For the nuclear material accounting system, the mainframe computer had been used in Japan Atomic Energy Research Institute (JAERI). For the purpose of more flexible use and easy operation, the PC base accounting system has been developed since 1999, and operation started from October, 2002. This system consists of the server with the database software and the client PC with original application software. The functions of this system are the input and edit of data, the creation of inspection correspondence data, and creation of a report to the states. Furthermore, it is also possible to create the Web application which used accounting data on a user level by using the programming language. Now, this system is being specialized in JAERI, but it is during a plan to develop as a system which can be also used at other institutions and organization. In the paper, the outline and operating situation of the nuclear material accounting system of JAERI are presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.