検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Performance of V-4Cr-4Ti alloy exposed to the JFT-2M tokamak environment

JFT-2Mトカマク環境下にさらされたV-4Cr-4Ti合金の性能

Johnson, W. R.*; Trester, P. W.*; 仙石 盛夫; 石山 新太郎; 深谷 清; 衛藤 基邦; 小田 知正*; 廣畑 優子*; 日野 友明*; Tsai, H.*

Johnson, W. R.*; Trester, P. W.*; Sengoku, Seio; Ishiyama, Shintaro; Fukaya, Kiyoshi; Eto, Motokuni; Oda, Tomomasa*; Hirohata, Yuko*; Hino, Tomoaki*; Tsai, H.*

低放射化材料であるバナジウム合金は核融合炉の構造材として有望であるが、水素(あるいはその同位体)を吸蔵してもろくなる(脆化)性質がある。そこで、実際のトカマク環境下ではどうなるか試験するために、約9ヶ月間JFT-2Mのダイバータ室に置いた後、機械的、化学的特性変化を調べた(300$$^{circ}C$$昇温)。(GAが試料を提供し、原研・北大・ANLで分析を分担した。)9ヶ月の間約200回のダイバータ放電を行ったが、もともとあった水素は半減し、燃料ガスである重水素は1.3ppm程度しか吸蔵されなかった。これは表面に酸化物/炭化物が生成されたためと考えられる。その結果、機械的特性はほとんど変化せず、心配された水素脆化は見られなかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:78.41

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.