検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

均一照射キャプセル開発のための試験報告

Evaluation report of capsule development for uniform irradiation

菊地 泰二; 石川 和義; 松井 義典; 板橋 行夫

Kikuchi, Taiji; Ishikawa, Kazuyoshi; Matsui, Yoshinori; Itabashi, Yukio

JMTRにおける原子炉材料の照射試験は、常に高い精度の照射温度,中性子照射量及び中性子スペクトルを要求されている。一般的な要求は、JMTRの最良な照射孔を選ぶことで対応している。しかし、より正確に行うためには、特殊な機構を持ったキャプセルを製作する必要がある。反射領域の照射の場合、中性子照射量は、キャプセル部品の中性子減衰により、炉心側と反対側では20$$sim$$30%の差が生じる。この照射量の不均一を緩和するため、サイクル間で遠隔による試料容器を反転させる構造とした。期待する中性子スペクトル(高速中性子/熱中性子の比)を得るために、核計算コードによってカドミウムの厚さを計算した。カドミウムは熱中性子を吸収する材料である。そのため、試料容器外側に必要な厚さのカドミウムめっきを施した。本報告では、反転機構を設けた均一照射キャプセルについて、(1)各種基礎試験,(2)その結果及び(3)実際の照射試験の評価結果について報告する。

In the JMTR, the irradiation examinations for nuclear reactor material are usually requested high accurate irradiation temperature, neutron fluence and neutron spectrum. The general demands satisfy to choice the best irradiation hole in the JMTR. However, for more accuracy, it is necessary to produce capsule with special mechanisms. To get the expectant neutron spectrum (ratio of fast neutron and thermal neutron), the thickness of cadmium is calculated by nuclear calculation code. Cadmium is the material to absorb the thermal neutron. Therefore, the necessary thickness was plated the outside of the specimen container with the cadmium. This paper is reported (1) the various base examinations for the development, (2) the result of the evaluations and (3) the evaluation result of an actual irradiation examination about uniform irradiation capsule of the reversing mechanism.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.