検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

HTTR出力上昇試験における遮へい性能検査結果

Results of shielding performance test in rise-to-power test of the HTTR

植田 祥平; 高田 英治*; 角田 淳弥; 清水 厚志; 足利谷 好信; 梅田 政幸; 沢 和弘

Ueta, Shohei; Takada, Eiji*; Sumita, Junya; Shimizu, Atsushi; Ashikagaya, Yoshinobu; Umeda, Masayuki; Sawa, Kazuhiro

高温工学試験研究炉(High Temperature Engineering Test Reactor: HTTR)では、1次冷却材として遮へい能力のある水ではなくヘリウムガスを用いているため、遮へい設計においては中性子のストーリーミングに特に留意する必要がある。特に、原子炉圧力容器上部には、31本のスタンドパイプが1次上部遮へい体を貫通しており、原子炉上方向への中性子ストリーミングに留意する必要がある。本報はHTTRの出力上昇試験のうち、遮へい性能検査における測定点選定の考え方,測定方法及び30MW定格出力までの出力上昇試験における測定結果についてまとめた。試験の結果、通常人の立ち入る区画の線量当量率は、中性子線が検出限界以下、$$gamma$$線がバックグラウンド相当であり、運転管理上問題がないことを確認した。また、スタンドパイプ室の中性子線量当量率は、定格運転時で約120$$mu$$Sv/hであり、設計値(約330mSv/h)及び予測値(約10mSv/h)を十分下回り、遮へい設計の保守性を確認した。一方、スタンドパイプ室の線量当量率変化は、予測通り原子炉出力に対して非線形的に上昇することを確認した。

In the radiation shielding design of the High Temperature Engineering Test Reactor (HTTR), strong attention is needed to avoid especially upward neutron streaming. Shielding performance test have been carried out in the Rise-to-power test up to full power operation of 30MW. The measured dose equivalent rates in unrestricted area were lower than the detection limit for neutron-ray, and background level for $$gamma$$-ray. The neutron dose equivalent rate measured in the stand pipes room was about 120$$mu$$Sv/h at full power operation, which was much lower than the shielding design (330 mSv/h) and the prediction (10 mSv/h).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.