検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Proceedings of the 2003 Symposium on Nuclear Data; November 27-28, 2003, JAERI, Tokai, Japan

2003年核データ研究会報文集; 2003年11月27日$$sim$$28日,東海研究所,東海村

大澤 孝明*; 深堀 智生

Osawa, Takaaki*; Fukahori, Tokio

2003年核データ研究会が、2003年11月27日と28日の両日、日本原子力研究所東海研究所において開催された。この研究会は、日本原子力研究所のシグマ研究委員会と核データセンターが主催して開いたものである。口頭発表では、ADS開発と核種変換のための核データ,次世代炉等への核データニーズと次期JENDL構想,核物理研究及び核データ測定の最前線,物理研究の最先端と核データ,アジア地域の核データニーズ及び活動,わが国の核データ研究の今後,その他のトピックスについての18件の報告があった。ポスター発表では、26件の発表があり、それらは、核データの測定,評価や評価済核データのベンチマークテスト等に関するものであった。本報文集は、それらの論文をまとめたものである。

The 2003 Symposium on Nuclear Data was held at Tokai Research Establishment, Japan Atomic Energy Research Institute (JAERI), on 27th and 28th of November 2003. Japanese Nuclear Data Committee and Nuclear Data Center, JAERI organized this symposium. In the oral sessions, presented were 18 papers on topics of ADS development and nuclear data for transmutation, nuclear data needs for next generation reactors and future JENDL plan, frontier of nuclear physics studies and nuclear data measurements, advanced science study and nuclear data, nuclear data needs and activities in Asian region, future of nuclear data study and other subjects. In the poster session, presented were 26 papers concerning experiments, evaluations, benchmark tests and so on. Those presented papers are compiled in the proceedings.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.