検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Overview of goals and performance of ITER and strategy for plasma-wall interaction investigation

ITERの目標と性能の概要及びプラズマ壁相互作用研究の戦略

嶋田 道也; Costley, A. E.*; Federici, G.*; 伊尾木 公裕*; Kukushkin, A. S.*; Mukhovatov, V.*; Polevoi, A. R.*; 杉原 正芳

Shimada, Michiya; Costley, A. E.*; Federici, G.*; Ioki, Kimihiro*; Kukushkin, A. S.*; Mukhovatov, V.*; Polevoi, A. R.*; Sugihara, Masayoshi

ITERは燃焼プラズマの研究と実現を目的とした核融合実験炉である。その特徴は、加熱パワーのほとんどがアルファ加熱によって供給されるということである。ITERは現在運転中の装置からの顕著なステップであり、かつ核融合炉開発において不可欠のステップである。ITERの成功は、プラズマ壁相互作用の制御のいかんにかかっていると言っても過言ではない。ITERは熱束,粒子束及び時間スケールにおいて現在の装置を一桁ないし二桁上回るからである。ITERにおけるプラズマ壁相互作用の制御の戦略として、セミクローズ・ダイバータ,強力な燃料補給と排気,ディスラプション及びELM制御,交換可能なプラズマ対向材料、及び段階を追った運転などを計画している。

ITER is an experimental fusion reactor for investigation and demonstration of burning plasmas, characterised of its heating dominated by alpha-particle heating. ITER is a major step from present devices and an indispensable step for fusion reactor development. ITER's success largely depends on the control of plasma-wall interactions(PWI), with power and particle fluxes and time scales one or two orders of magnitude larger than in present devices. The strategy for control of PWI includes the semi-closed divertor, strong fuelling and pumping, disruption and ELM control, replaceable plasma-facing materials and stepwise operation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:96.16

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.