検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Characterization of dust collected from NSTX and JT-60U

NSTX及びJT-60Uから回収されたダストの特性

Sharpe, J. P.*; Humrickhouse, P. W.*; Skinner, C. H.*; NSTXチーム; 田辺 哲朗*; 正木 圭; 宮 直之; JT-60チーム; 相良 明男*

Sharpe, J. P.*; Humrickhouse, P. W.*; Skinner, C. H.*; NSTX Team; Tanabe, Tetsuo*; Masaki, Kei; Miya, Naoyuki; JT-60 Team; Sagara, Akio*

各核融合装置で発生したダスト発生量及び粒径分布等の比較を行うことを目的として、今回、NSTX及びJT-60U真空容器内からダストを回収し、分析を行った。NSTXから回収したダストの主成分は炭素であり、回収量は約39mgであった。表面密度は、真空容器下部のタイル下で最大約200mg/m$$^{2}$$、平均で約30mg/m$$^{2}$$、平均直径は3.27$$mu$$mであることがわかった。平均表面密度から外挿されるNSTX真空容器内全体でのダスト量は、約0.5gであった。一方、JT-60Uから回収したダスト(主成分は炭素)量は、約170mgであり、表面密度はドーム下部で最大約800mg/m$$^{2}$$、平均で約40mg/m$$^{2}$$、平均直径は3.08$$mu$$mであることがわかった。平均密度から外挿されるJT-60U真空容器内全体でのダスト量は、約7.5gであり、ダストの固有表面積は、0.3$$sim$$1.2m$$^{2}$$/gであった。これらのダスト分析の結果、NSTX及びJT-60Uから得られたダストは、ASDEXなど他の装置と類似している。継続してダスト回収/分析を行うことにより、各装置の運転履歴によるダスト発生状況を把握することが重要である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:93.57

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.