検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Historical overview of nuclear data evaluation in intermediate energy region

中高エネルギー領域における核データ評価の歴史的概観

深堀 智生

Fukahori, Tokio

近年、中高エネルギー核データが核変換処理のための加速器駆動システム,核破砕中性子源粒子ビームによる先端ガン治療,半導体の放射線によるエラー率推定,宇宙飛行士の被曝線量評価等の多くの研究分野から要求されている。この要求に応えるため、世界中の多くのグループが20MeV以上のエネルギー領域における核データ評価に関する活動を続けている。中高エネルギー領域の核データ評価の初期の段階は米国において開始された。例えば、1980年代後半、ブルックヘブン国立研究所核データセンターのPearlsteinは、系統式を作成し、ALICEコードを改良して、中高エネルギー陽子及び中性子核データ評価を行った。ローレンス・リバモア国立研究所では、同時期に医療用の中高エネルギー核データを開発している。これらの活動に続いて、欧州,日本,ロシア,中国,韓国等でこのエネルギー領域での核データ整備が始まった。本稿では、中高エネルギー核データ評価に関する方法・成果をレビューするとともに、JENDL高エネルギーファイルを中心に各国のファイルと実験データの比較及びベンチマーク計算結果の比較を行う。

In recent years, intermediate energy nuclear data are required for various applications such as accelerator-driven systems for waste transmutation, spallation neutron sources, advanced cancer therapies, estimation of single event up set rate and dose on astronauts. For these requirements, many groups in the world continue intermediate energy nuclear data evaluation. The early stage of this evaluation was initiated in USA. For example, Pearlstein at Brookhaven National Laboratory produced systematics, modified ALICE code and evaluated proton and neutron nuclear data in late 1980s. At Lawrence Livermore National Laboratory, similar data developed for a medical application. Following them, many countries, such as Europe, Japan, Russia, China, Korea, started the preparation of nuclear data in this energy region. Overview of evaluation methods, results of evaluations are presented in comparison between experimental data and evaluated files, mainly JENDL High Energy File, as well as results from benchmark calculations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.