検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Fast particle experiments in JT-60U

JT-60Uにおける高速イオン実験

Kramer, G. J.; 岩瀬 誠; 草間 義紀; 森岡 篤彦; 根本 正博; 西谷 健夫; 篠原 孝司; 竹治 智; 飛田 健次; 小関 隆久; Cheng, C. Z.*; Fu, G. Y.*; Nazikian, R. M.*

Kramer, G. J.; Iwase, Makoto; Kusama, Yoshinori; Morioka, Atsuhiko; Nemoto, Masahiro; Nishitani, Takeo; Shinohara, Koji; Takeji, Satoru; Tobita, Kenji; Ozeki, Takahisa; Cheng, C. Z.*; Fu, G. Y.*; Nazikian, R. M.*

JT-60UにおいてICRF加熱または、N-NBI加熱を用いて高速イオンの実験を行ってきた。両方の加熱手法でアルフヴェン固有(AE)モードの励起を観測した。ICRF加熱中のAEモードの解析から以下のことがわかった。(1)鋸歯状振動中にICRF加熱によって励起されたAEモードの情報からプラズマ中心領域の安全係数分布を評価をすることができた。これらの結果はMSE計測結果及び、鋸歯状振動の理論計算モデルと良く一致し、この解析手法の正当性を示した。(2)X-モード反射計を用いてTAEモードの径方向のモード構造がJT-60Uで初めて評価し、これらのモードがNOVA-Kコードで予測されたバルーニング構造を持つことを明らかにした。また、N-NBI加熱実験から以下の結果を得た。(1)N-NBI加熱によって鋸歯状振動周期が長期化できることがわかった。(2)N-NBI入射中にアルフヴェン周波数領域のモードを解析した結果、通常のTAEモード以外にバースト的な振る舞いをするモード、周波数捜引するモードが存在することを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:78.44

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.