検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ブロック型燃料高温ガス炉炉心の地震応答特性,1; コラムの振動実験

Seismic response of high temperature gas-cooled reactor core with block-type fuel,1 ; Stacked colum vibration experiment

幾島 毅; 石塚 宏; 井出 朗*; 早川 均*; 新貝 和照*

not registered; not registered; not registered; not registered; not registered

黒鉛ブロックから構成された多目的高温ガス実験炉炉心の耐震研究の第1段階として、炉心構成要素である1本のコラムの1/2縮尺模型による振動実験を実施した。そして次の結果を得たので報告する。コラムはソフトスプリング特性と、境界との衝突によるギャップガタ系のハードスプリング特性を有する。衝突最大応答値は境界ギャップ幅の増加とともに増大する。上端ブロックのギャップ幅の増加はコラムの最大変位点を押し上げるが、上端ブロック重量増加はその逆の効果を有する。地震波入力に対する最大応答値は正弦波のそれの40~75%である。コラムの減衰定数は約30%であり、コラムの変位振幅の増加とともに大きくなる。シミュレーション解析値と実験値とは良く一致し、本文で示した解析法がブロック型燃料高温ガス炉炉心の地震応答解析法に有効であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:57.21

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.