検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Experimental modeling of core hydrodynamics during reflood phase of LOCA

LOCA時再冠水過程の炉心水力モデルの実験的研究

村尾 良夫; 井口 正

Murao, Yoshio; not registered

再冠水過程の炉心の全体的水力挙動を定量的に検討した。炉心水力挙動について次のモデルが提案された。1)クエンチフロントで水及び蒸気質量流束が存在する場合、液滴分散流が現われる。2)クエンチフロントの下流のボイド率は、時間とともに徐々に減少する。3)最終的にボイド率は、修正Cunningham&yehおよび修正Lockhart-martinelli相関式で約$$pm$$30%の誤差で予測できる値に漸近する。4)注目する領域がクエンチした後においても、ボイド率は、同じ相関式で予測できる。両相関式は、新たに開発されたものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:87.14

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.