検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Exhaustive degradation of humic acid in water by simultaneous application of radiation and ozone

放射線とオゾンの併用による水中のフミン酸の除去

新井 英彦; 新井 陸正; 作本 彰久

not registered; not registered; not registered

現在、塩素殺菌処理により水道水中に生成する発ガン性のトリハロメタンの低減化が世界的な課題となっている。その対策の一つとして、腐植土から調製したフミン酸水溶液をモデル上水原水として用いて、放射線とオゾンの併用法によるトリハロメタンの生成抑制の検討を行った。その結果、この併用法により水中のフミン酸が迅速にかつ効率よく除去されること、また、その結果、塩素処理に際してトリハロメタンのみならず全有機ハロゲンの生成が極めて顕著に抑制されることを明らかにした。また、有害なパーオキサイド類の生成はほとんど認められなかった。この併用法による効率のよい酸化分解の説明として連鎖反応機構を考えた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:17.32

分野:Engineering, Environmental

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.