検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Scaling of Critical Beta in a Tokamak

トカマクの臨界ベータ値比例則

津田 孝; 安積 正史; 栗田 源一; 滝塚 知典; 竹田 辰興

not registered; not registered; not registered; not registered; not registered

トカマクにおける高モード数のバルーニング・モードの安定性を調べた。二次元輸送コードとバルーニング不安定性コードを用いてベータ値の最適化を行なった。最大ベータ値の比例別は$$beta$$(%)=7.8qs$$^{-}$$$$^{5}$$$$^{.}$$$$^{4}$$(A-1)$$^{-}$$$$^{0}$$$$^{.}$$$$^{7}$$$$^{6}$$$$in$$$$^{1}$$$$^{+}$$$$^{0}$$$$^{.}$$$$^{1}$$$$^{4}$$$$^{(}$$$$^{q}$$$$^{s}$$$$^{-}$$$$^{1}$$$$^{)}$$となる。ここでqsはプラズマ表面における安定係数、Aは逆アスペクト比、$$in$$はプラズマ断面の楕円度である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.