検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Socio-economic effects of the material science in JAERI

日本原子力研究所における材料科学研究の社会経済的評価

柳澤 和章; 高橋 祥次*

Yanagisawa, Kazuaki; Takahashi, Shoji*

原研物質科学につき社会経済的評価を実施した。目的は、物質科学の注力研究分野の同定と社会経済的ネットワーキングの観察にある。物質科学に関する数多くの論文を用い、前者に対して高ランクキーワードを使い、後者に対しては共著論文の数を評価に使った。得られた結果は以下の通り。(1)原研物質科学の注力研究分野は、イオン照射,アクチノイドといった原子力研究に強い関係を持つキーワードで代表された。アクチノイドを例に取ると、我が国では過去25年間に7,237論文が書かれ、原研がその25%、公的研究機関(官と学、PSと略記)が52%、民(POと略記)が17%という割合であった。JAERI-PS間のネットワーキングは、25年間の平均で3$$sim$$4%、最近の5年間では8%で成長していた。これは両機関の間で研究協力が大きく促進されたことを示唆している。(2)原研と選択5研究機関(SRB、例えば東京大学)間の注力研究分野を互いの持つトップ100キーワードで比較してみたところ、中性子や加速器といった7つのキーワードのみで研究分野が重畳していた。この重畳領域において両機関は互いに国家レベルで全体の活性化を図っていたと思われる。我が国における中性子論文は最近の5年間で2,988論文あって、原研の大きな貢献もあってJAERI-PS間のネットワーキングは16%に到達していた。

A socio-economic evaluation of Material Science (MS) of JAERI was made. The goal was to reveal the emphasized basic research fields (EBRF) of MS and to observe its socio-economic networking. High ranked keywords for the former and the number of co-authored papers for the latter were used along with many MS related papers. The obtained results are: (1) The EBRF of MS of JAERI were typically represented by the keywords of ion irradiation, actinides, etc., i.e., those having a strong relation to the nuclear field. Regarding actinides, the socio-economic networking between JAERI and PS occurred at the growth rate of 3-4% per 25 years, but 8% during the past 5 years. This implies that the research cooperation between the two was markedly enhanced. (2) The EBRF of MS between JAERI and 5 selected research bodies (SRB) represented by Tokyo University was directly compared and revealed that only 7 keywords as typically represented by neutron and accelerators. After overlapping, JAERI and SRB seem to be raising the national standard level.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:71.44

分野:Computer Science, Interdisciplinary Applications

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.