検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Roles of the double tearing mode on the formation of a current hole

電流ホール形成におけるダブル・テアリング・モードの役割

津田 孝; 栗田 源一; 藤田 隆明

Tsuda, Takashi; Kurita, Genichi; Fujita, Takaaki

中心を外れた自発電流や電流駆動が十分に大きいときは中心部に電圧が逆にかかり逆方向の電流が流れるはずである。しかし実験ではほとんどゼロの電流密度の領域(電流ホール)が観測される。以前の論文において磁気流体シミュレーションにより電流ホール形成機構を解析した。ところが電流ホールを持つ配位はダブル・テアリング・モードが不安定となる可能性があるため、磁気流体シミュレーションにより電流ホール形成にこのモードが果たす役割を検討した。

The current density is expected to be negative in the central region of the tokamak when the amplitude of bootstrap current or off-axis current drive is large enough and a negative one-turn voltage exists. However, a flat current profile with almost zero value has been observed in experiments. The current profile with Current Hole has a tendency to be unstable to double tearing mode and we investigate the role of double tearing mode on the formation of Current Hole with RMHD simulation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:11.73

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.