検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Positronium formation in fused quartz; Experimental evidence of delayed formation

溶融石英中のポジトロニウム形成

小室 葉; 平出 哲也; 鈴木 良一*; 大平 俊行*; 村松 誠*

Komuro, Yo; Hirade, Tetsuya; Suzuki, Ryoichi*; Odaira, Toshiyuki*; Muramatsu, Makoto*

最近、スパー過程によるポジトロニウム形成の詳細が明らかになりつつある。スパー反応モデルをもとにステパノフが提唱したブロッブモデルによるとポジトロニウム形成の時間情報を扱えるようになりつつある。ダウエらは陽電子消滅寿命-運動量相関測定(AMOC)によって測定されたPMMAのS(t)カーブをブロッブモデルでシミュレートして見せた。S(t)カーブに現れるYoung-Age広がりをシュツッツガルトのグループはポジトロニウムの熱化課程をとらえていると解釈した。鈴木らは特に低温域で、陽電子が長距離を拡散し、捕捉電子と反応することによる遅延ポジトロニウム形成を示した。ブロッブモデルによれば室温であっても陽電子は長距離拡散後ポジトロニウム形成が可能であると考えられる。われわれはスパー過程における遅延ポジトロニウム形成の証拠を実験によって捉えることを試みたので、その結果について報告する。

Recently, positronium (Ps) formation mechanism in the spur is becoming clarified. Blob model, the modified Spur model, proposed by Stepanov can give information of Ps formation time. Dauwe et al. showed that S(t) curve of PMMA observed by AMOC measurement could be fitted by the blob model. The young-age broadening was found and explained with the delayed slowing down of Ps by Stuttgart group. The delayed Ps formation was shown by Suzuki et al. especially at low temperatures, because positrons can diffuse long distance to find trapped electrons. According to the blob model, Ps formation even after long diffusion of positrons might be possible even at the room temperature. Now we are trying to obtain the experimental evidence of delayed Ps formation in spur process.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:70.34

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.