検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Quasi-Kondo phenomenon due to the dynamical Jahn-teller effect

動的ヤーンテラー効果による擬近藤現象

堀田 貴嗣

Hotta, Takashi

動的ヤーンテラーフォノンと結合する軌道縮退アンダーソンモデルに基づいて、非磁性近藤効果の新しい発現機構を提案する。ヤーンテラーフォノンと動的に結合する電子系の基底状態は、二重縮退のあるバイブロニック状態であるが、この縮退は、円錐型特異点まわりの時計回り及び反時計回りの回転自由度に由来する。回転方向を変えるために必要なエネルギーよりも温度を下げると、ついには回転自由度が失われ、$$log 2$$のエントロピーが解放される。これが擬似的な近藤効果をもたらすことを数値繰り込み群法によって示す。動的ヤーンテラーフォノンによる非磁性起源の近藤現象と、充填スクッテルダイト化合物におけるラットリングに起因した特異な電子物性との関連を議論する。

A mechanism of non-magnetic Kondo effect is proposed on the basis of a multiorbital Anderson model coupled with dynamical Jahn-Teller (JT) phonons. An electron system coupled dynamically with JT phonons has a vibronic ground state with double degeneracy due to clockwise and anti-clockwise rotational modes with entropy of $$log 2$$. When a temperature is lower than a characteristic energy to turn the rotational direction, the rotational degree of freedom is eventually suppressed and the corresponding entropy $$log 2$$ is released, leading to quasi-Kondo behavior. We discuss possible relevance of this quasi-Kondo phenomenon to electronic properties of filled skutterudites.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:81.3

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.