検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Design and characteristics of the JRR-3M thermal neutron radiography facility and its imaging systems

JRR-3M熱中性子ラジオグラフィ装置の設計と特性及び撮像システム

松林 政仁 ; 小林 久夫*; 日引 俊*; 三島 嘉一郎*

Matsubayashi, Masahito; Kobayashi, Hisao*; Hibiki, Takashi*; Mishima, Kaichiro*

JRR-3M熱中性子ラジオグラフィ装置は1991年に完成以来、高中性子束及び高コリメータ比を有する高性能な装置として数多くの研究領域で利用され成果を挙げてきた。近年の高度化された応用研究では、中性子ラジオグラフィ画像の詳細な解析を行うために装置の詳細な特性及び仕様を必要としている。本報告では中性子源、ビームチューブ及び撮影室内部の詳細を記述し、撮影位置における中性子ビーム強度分布、散乱中性子成分等新たに測定した結果とこれまでの特性測定結果を併せて解析し設計値との比較を行った。その結果、設計値を上回る10$$^{8}$$n/cm$$^{2}$$sを超える高中性子束は、核計算の結果とコリメータ比の測定結果からコリメータ入口の有効面積の増加によるものとわかった。さらに装置完成以降に開発を行った高空間分解能を有する撮像システム及び高時間分解能を有する撮像システムについて仕様を詳述し性能を明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:82.34

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.