検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

緩衝材設計の考え方

Design of the HLW buffer

杉野 弘幸; 藤田 朝雄; 谷口 航; 岩佐 健吾; 長谷川 宏

not registered; Fujita, Tomoo; not registered; Iwasa, Kengo; Hasegawa, Hiroshi

これまでにサイクル機構では高レベル廃棄物の地層処分研究に関する研究を、「わが国における高レベル廃棄物地層処分の技術的信頼性-地層処分研究開発第2次取りまとめ-」として取りまとめ、平成11年11月に国に対して報告している。この第2次取りまとめのうち、「分冊2地層処分の工学技術」においては、オーバーパック、緩衝材の設計から、処分場のレイアウト、操業スケジュールまで、幅広く工学的な知見を取りまとめている。本報告は、このうち、緩衝材の設計に関して、背景となる考え方を第2次取りまとめ分冊2の本文に対比させて解説したものである。第2次取りまとめの緩衝材の設計においては、仕様設定の考え方を目に見える形で表現することに留意しており、これに対応して緩衝材の設計要件を10項目設定し、この設計要件を満足する緩衝材の乾燥密度と厚さの範囲をグラフ化して表現している。本報告ではこの緩衝材の範囲設定の考え方を中心に、計算で用いた式、背景等を説明した。

The Japan Nuclear Cycle Development Institute (JNC) has prepared a second progress report (entitled H12) on research and development for geological disposal of high-level waste (HLW) in Japan. H12 report consist of a Project Overview Report and three Supporting Reports which cover the three major fields described in the AEC Guidelines: (1)evaluation of the geological environment, (2)repository design and engineering technology, (3)performance assessment. This report is prepared to explain background information of buffer design which is descried in Supporting Report 2 (Repository Design and Engineering Technology). In buffer design of H12 report, the design requirements of the buffer are assumed and the relationship between buffer thickness and density was shown corresponding design requirement as an area map. This report describes the background information such as the numerical formulations, assumptions, engineering judgement and so on.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.