検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東海事業所における核燃料サイクル研究開発計画の提案 -軽水炉サイクルから高速炉サイクルへの道-

Proposal of a Nuclear Cycle Research and Development Plan in Tokai Works -The Roadmap from LWR Cycle to FBR Cycle-

中村 博文; 安部 智之; 鹿志村 卓男; 永井 俊尚; 前田 誠一郎; 山口 俊哉; 黒木 亮一郎

Nakamura, H.; Abe, Tomiyuki; Kashimura, Takao; Nagai, Toshihisa; Maeda, Seiichiro; Yamaguchi, T.; Kuroki, Ryoichiro

GEN-II Pjタスクフォースチームは、東海事業所の厳しい現実を見据えたうえで、現場に立脚し、かつ従業員が高いモラルや目標を維持できる東海事業所における研究開発計画をまとめることを目的として、平成14年12月19日から中堅*若手7人で活動を開始した。検討に際して、はじめに日本の核燃料サイクルを取り巻く現状を以下のように認識した。・軽水炉サイクルから高速炉サイクルへの技術の流れが不明確・高速炉サイクル確立にはプルサーマル実施が必須・廃棄物関連コスト(「負の遺産」)への対応は喫緊の課題 その上で、実用化戦略調査研究(F.S.)の研究開発計画と整合のとれた核燃料サイクル研究開発計画(今後10$$sim$$20年)を検討し、以下に示す核燃料サイクル研究開発の基本的な取り組みと東海事業所における具体的な対応策を提案した。・エネルギー安定供給を支える「強靭な核燃料サイクル」の確立と高度化*核燃料サイクルの安定運用のための冗長性確保*異常等の発生頻度低減と迅速な対応*安全、信頼性、安心、透明性向上・長期的供給可能な基幹エネルギー源として高速炉サイクル技術を早期に確立*軽水炉サイクル技術との連携を取った研究開発*安全性、経済性、環境負荷低減、核拡散抵抗性を考慮した複数の実用可能な技術に優先順位をつけて研究開発*実用化に近い技術から早く提示・廃棄物処理、処分技術の確立と廃棄物から見た核燃料サイクル技術の最適化*廃棄物処理、処分方策の早期実現による「負の遺産」の低減*廃棄物関連技術に基づき各サイクル技術を経済性、環境負荷両面で最適化$$Delta$$サイクル施設の除染*解体技術の開発$$Delta$$新施設の設計*建設段階から、解体等のコストを配慮

The Generation-II Project Task Force Team has investigated a research and development plan on a future nuclear fuel cycle in Tokai works for about three months from December 19,2002. First we have discussed about the present condition of Japanese nuclear fuel cycle and have recognized it as the following. *The relation of the technology between the LWR-cycle and the FBR-cycle is not clear. *MOX Fuel Use in Light Water Reactors is important to establish technology of the FBR fuel cycle. *Radioactive waste disposal issue is urgent. Next we have proposed the three basic policies on R&D plan of nuclear fuel cycle in consideration of the F.S. on FBR-cycle. *Establishment and advancement of "the tough nuclear fuel cycle". *Early establishment of the FBR cycle technology to be able to supply energy stably for long-term. *Establishment of the radioactive waste treatment and disposal technology, and optimization of nuclear fuel cycle technology from the viewpoint of radioactive waste.And we have proposed the Japanese technical holder system to integrate all LWR and FBR cycle technology.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.