検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

知的運転制御システムにおける遠隔通信機能の検討

Study on facility of telecommunication about a prototype of intelligent system for autonomous operation and control

米川 強; 須田 一則; 小澤 健二; 瀬谷 義一*; 山本 裕史*

not registered; not registered; Ozawa, kenji; not registered; not registered

原子力プラントの安全性、信頼性向上を目的とした運転制御の高度化、知能化の観点から、プラントで人間(運転員、保守員)が運転制御、保守において果たしている役割を人工知能で代替することを目指し、平成元年度から原子力クロスオーバー研究の一環として自律型プラントの開発を進めている。この中で動燃は自律型プラント運転制御のための人工知能を具備した運転制御システムの開発を担当している。一方、自律型プラントにおける運転、保守の自律分散協調機能の動作状況監視システムの開発を船舶技術研究所(船研)が担当している。本報告では相互の研究開発を推進する上で不可欠となる動燃側の運転制御システムと船研側の監視システムとの結合を通信回線によって実現するためのデータ通信の形態、手法等について検討し、この検討結果をもとに、公衆回線及びインターネットを利用したデータ通信機能を具体化した。また、実接続による通信試験を行って、所定の機能を確認した。

Since it is desired to enhance availability and safety of nuclear power plants operation and maintenance by removing human factor, there are many researches and developments for intelligent operation or diagnosis using artificial intelligence(AI) technique in the Frontier Research. In this development, We have been developing an autonomous operation and maintenance system for nuclear power plants by substituting AI's. On the other hand, Ship Research Institute(SRI) have been developing a monitoring system for cooperative function of distributed systems in the autonomous operation and maintenance systems. In this report, we have studied telecommunication methods between PNC and SRl to combine the autonomous operation and maintenance system and its monitorillg systan. As the result, we have confinned a proper performance of that telecommunication facility by the test via public telephone line or Internet.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.