検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

3次元免震構造に関する研究

Study on three-dimensional seismic isolation structure

森下 正樹; 北村 誠司; 高橋 健司; 井上 和彦*; 加藤 朝郎*; 伏見 実*

Morishita, Maaki; Kitamura, Seiji; Takahashi, Kenji; Inoue, Kazuhiko*; Kato, Asao*; Fushimi, Minoru*

核燃料サイクル開発機構(JNC)と日本原子力発電(原電)では、安全性と経済性に優れた実用高速炉プラント概念の構築を目的として「高速増殖炉サイクル実用化戦略調査研究」を実施している。ここでは、高温構造設計の高度化、新材料の採用、ならびに3次元免震が経済性向上のためのシステム改善方策の枢要技術として挙げられている。そこで、JNCと原電は、平成12年度より、高温構造設計手法高度化と3次元免震開発に関する共同研究を開始した。本報告書はそのうち、3次元免震開発に関する平成16年度の成果をとりまとめたものである。なお、本成果のなかには、原電が経済産業省から受託し、JNCがその実施に協力した「発電用新型路技術確証試験」の成果が含まれている。本研究の成果を(1)平成15年度までの研究経緯、(2)建屋3次元免震の検討(平成16年度)、(3)3次元免震技術指針(骨子)の検討、(4)機器上下免震の検討(平成16年度)、及び(5)機器上下免震技術指針(骨子)の検討、に分けて報告する。

Japan Nuclear Cycle Development Institute(JNC) and Japan Atomic Power Company(JAPC)launched joint research programs on structural design and three-dimentional seismic isolation technologies, as a part of the supporting R&D activities for the feasibility studeies on commercialized fast breeder reactor cycle systems.A reserch project by JAPC under the auspices of the Ministry of Economy,Trade, and Industry(METI)with technical support by JNC is included in this joint study. This report contains the results of the reserch on the structural design technology. The reserch is reported in the following orderes, (1)Development till fiscal 2004,(2)Study on the 3-dimentional base isolation system(fiscal 2005) (3)Study on the guideline of 3-dimentional base isolation system,(4)Study on the vertical isolation system for main equiptment (fiscal 2005),(5)Study on the guideline of the vertical isolation system for main equipment.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.