検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高温構造設計高度化研究 ; 平成16年度 共同研究報告書

Study on advanced structual design for commercialized fast breeder reactors

森下 正樹; 青砥 紀身; 笠原 直人; 浅山 泰; 中村 協正*; 井上 和彦*; 長島 英明*

Morishita, Masaki; Aoto, Kazumi; Kasahara, Naoto; Asayama, Tai; Nakamura, Kyotada*; Inoue, Kazuhiko*; Nagashima, Hideaki*

安全で経済的な実用高速炉の実現に向けて、構想計画技術を確立するため、核燃料サイクル開発機構(JNC)と日本原子力発電(原電)は、平成12年度より5年間、高温構造設計手法高度化に関する共同研究を実施してきた。本年度は、昨年度より継続して(1)実用化構造設計基準(2)新材料の基準化(3)システム化規格の検討を行った。また、最終年度であるので、5年間の成果を下記のように「実用高速炉高温構造設計方針(暫定案)」、「FBR用12Cr鋼候補仕様材 材料強度基準(暫定案)」等にまとめた。なお、本成果の中には、原電が経済産業省より受託し、JNCがその実施に協力した「発電用新型炉技術確証試験」の成果が含まれている。1.実用化構造設計基準の検討 2.新材料の基準化の検討 3.実用規格体系(システム化規格)の検討

Aiming to realize safety and economcal commercialized fast reactor, R6D activities on structural design methods launched FY 2000 and continued up to FY 2004. The reserch scope was identified as (1)FBR Structural Design Standard (FDS), (2)Standardiation of new material and (3)System Based Code for Integrity. Since this fisical year is the Last year for the R6D activities, the results are summarized as FBR Design Stndard (interim proposal), Standadization of new material (interim prpposal) etc. The results of this report include a part of

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.