検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Some Considerations for Future IAEA's Programme:BIOSPHERIC ASSESSMENT AND THEIR IMPROVEMENT(BIOMASS

None

太田 久仁雄; 梅木 博之; 内藤 守正; 竹安 正則

not registered; not registered; not registered; not registered

放射性核種による人間環境への影響評価手法を開発することを目的とした2つ国際プログラムであるBIOMOVS II とVAMPが終了するに伴い 新たな国際共同研究の場として発足されるBIOMASSの事前会合がウィーンにて開催される。この会合において、今後BIOMASSで行われる研究方針、項目、体制等に関し、地層処分における生物圏評価の観点からの事業団の提案・要望事項を紹介する。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.