検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Development of Melamine-D for the Precise Measurement of Detection Efficiencies of High Energy $$gamma$$-rays

None

中村 詔司; 高山 寛和*; 河出 清*; 原田 秀郎 

Nakamura, Shoji; Takayama, Hirokazu*; Kawade, Kiyoshi*; Harada, Hideo

即発ガンマ線分光法による測定実験において、高エネルギーガンマ線に対する検出効率を正確に求める必要がある。そのために重水で置換したメラミン(C6D6N6)試料を用いることを提案した。試料中に含まれている窒素の中性子捕獲反応の際に放出される即発ガンマ線を測定することにより、10MeVまでの高エネルギーガンマ線に対する検出効率を精度良く求めることが可能となった。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.