検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Upgrade of cooling system heat removal capacity of the experimental fast reactor JOYO

None

住野 公造; 礒崎 和則; 芦田 貴志; 仲井 悟

Sumino, Kozo; Isozaki, Kazunori; Ashida, Takashi; not registered

高速実験炉「常陽」におけるMK-III計画では、熱出力がMK-II炉心の100MWtから140MWtに増大する。冷却系除熱能力を高めるためのMK-III冷却系改造工事では、主中間熱交換器(IHX)、主冷却器(DHX)等を交換した。モックアップによる最適作業要領の選定及び作業員に対する訓練、高線量率での作業の低減、仮設遮へい体の使用による作業場所の雰囲気線量率の低減による被ばく線量の低減を図った。また、シールバッグの使用とシールバッグ内の酸素濃度管理、系統内カバーガス中の窒素濃度管理、極低圧でのカバーガス圧力制御による系統への酸素混入量の抑制を行った。これらの手法により、冷却系構造工事は大きなトラブルがなく1年間で完了し、改造に適用された手法の有効性を確認した。

Focusing on the cover layer materials (as the Radon Barrier Materials), which could have the effect to restrain the radon from scattering into the air and the effect of the radiation shielding, we produced the radon barrier materials with crude bentonite on an experimental basis, using the rotary type comprehensive unit for grinding and mixing, through which we carried out the evaluation of the characteristics thereof.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:80.67

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.