検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Creep behavior of reduced activation ferritic/martensitic steels irradiated at 573 and 773K up to 5dpa

5dpa, 573及び773Kで照射された低放射化フェライト鋼のクリープ挙動

安堂 正巳; Li, M.*; 谷川 博康; Grossbeck, M. L.*; Kim, S.-W.; 沢井 友次; 芝 清之; 幸野 豊*; 香山 晃*

Ando, Masami; Li, M.*; Tanigawa, Hiroyasu; Grossbeck, M. L.*; Kim, S.-W.; Sawai, Tomotsugu; Shiba, Kiyoyuki; Kono, Yutaka*; Koyama, Akira*

F82HといくらかのJLF-1鋼の照射下クリープが、HFIRで照射されたヘリウム加圧チューブを用いて、5dpaまでの範囲で測定が行われた。これらのチューブはヘリウムによって、0から400MPaの内圧フープストレスを照射温度条件にて付与されたものである。照射後の200MPaのフープストレスからのF82HとJLF-1の結果は、非常に小さいクリープ歪となった(0.15%以下)。これらの鋼の照射クリープレートは200MPaまでは負荷応力に対してほぼ線形を示した。しかし、より高い応力レベルでは、これらのクリープレートは、非線形となることが示された。また300$$^{circ}$$CでのF82HとJLF-1のコンプライアンス係数は非常に小さい値となることがわかった。これらの結果はITERのブランケット設計活動への材料データベースの一部として寄与するものと期待される。

Irradiation creep behavior of the F82H and several JLF-1 steels have been measured up to 5 dpa, using helium-pressurized creep tubes irradiated in HFIR. These tubes were pressurized with helium to hoop stress levels of 0 to 400 MPa for irradiation temperature. The results of F82H and JLF-1 with 200 MPa hoop stress showed small creep strains ($$<$$ 0.15%) after irradiation. Irradiation creep rate in these steels is linearly dependent on the applied stress less than 200 MPa. However, at higher hoop stress level, the creep rate of them is nonlinear. The creep compliance coefficient for F82H and JLF-1 at 300 $$^{circ}$$C is very small values. These data contribute to a part of materials database for ITER Test blanket design work.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:71.27

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.