検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

北海道北部幌延町新第三紀珪質岩の地球化学的特徴からみた侵食量及び隆起時期,2

Estimation of amount of erosion and uplifting by geochemical character of the Neogene siliceous rock in Horonobe, northern Hokkaido, 2

高橋 一晴; 新里 忠史; 安江 健一; 天羽 美紀*; 鈴木 徳行*

Takahashi, Kazuharu; Niizato, Tadafumi; Yasue, Kenichi; Amo, Miki*; Suzuki, Noriyuki*

高レベル放射性廃棄物の地層処分では、処分場の地質環境が長期間にわたって十分に安定していることが求められる。このため、長期間を対象とした地殻変動を予測する調査手法の整備が必要と考えられる。特に、隆起・侵食については、過去百万年程度の期間を対象として時間・空間的分布を把握し、外挿法等により将来数万年程度の変動を予測することが重要となる。本報告では、昨年度の報告(高橋ほか、2005a)に引き続き、幌延町内でのH16$$sim$$17年度に実施したボーリング調査(HDB-9$$sim$$HDB-11孔)及び地下浅所のボーリング調査(深度15m程度)から得られた分析結果を加え、幌延に分布する新第三紀珪質岩(稚内層・声問層)の鉱物学的及び有機地球化学的特徴に基づく隆起・侵食にかかわる推定手法の適応結果を述べる。

This article presents the adapted results of the estimation method of erosion and uplifting based on mineralogy and organic geochemical characters of the Neogene siliceous rock (Wakkanai and Koitoi Formations) in Horonobe in succession to last year's article(Takahashi et al., 2005a).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.