検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ITER and plasma surface interaction issues in a fusion reactor

ITER計画及び核融合炉におけるプラズマ表面相互作用の課題

下村 安夫

Shimomura, Yasuo

ITER(国際核融合実験炉)計画の目的は核燃焼プラズマの研究を行い、500MWの核融合出力を長時間持続し、発電炉の鍵となる技術を実証することである。取り扱う熱,粒子,パルス幅ともに現在のトカマク装置の10$$sim$$1000倍に相当し、プラズマと炉壁表面の相互作用が極めて重要になる。このことは将来の核融合炉においてさらに重要になる。これらの課題について整理し今後の研究方向を明らかにする。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:10.55

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.