検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analysis of laser-produced heavy ions for direct plasma injection scheme

直接プラズマ入射法のためのレーザー生成重イオンの分析

榊原 和彦*; 岡村 昌宏*; Kondrashev, S.*; 服部 俊幸*; 柏木 啓次; 金末 猛*

Sakakibara, Kazuhiko*; Okamura, Masahiro*; Kondrashev, S.*; Hattori, Toshiyuki*; Kashiwagi, Hirotsugu; Kanesue, Takeshi*

高強度多価イオンビームを加速する手法として、われわれはレーザーイオン源を用いた直接プラズマ入射法(DPIS)を開発した。この方法では、レーザーイオン源で生成されたイオンビームを低エネルギービーム輸送部(LEBT)を介さずに直接RFQ線形加速器に入射することによって、LEBTでのビーム損失を回避する。われわれは大強度ビーム加速用RFQ線形加速器を用いてDPISによって60mAの大強度ビーム加速を達成した。次の段階として、炭素よりも原子量が大きい、アルミニウム,鉄,タンタルを用いたDPIS用レーザーイオン源として用いる。本論文はこれらの元素を3Jのガラスレーザーを用いてイオン化し、その価数分布測定を行った結果を報告する。

To accelerate highly charged intense ion beam, we have developed the direct plasma injectionscheme DPIS with laser ion source. In this scheme an ion beam from a laser ion source is injecteddirectly to a radio frequency quadrupole RFQ linac without a low energy beam transport LEBT line and then beam losses in the LEBT can be avoided. We achieved high current acceleration ofcarbon ions 60 mA by DPIS with the RFQ specially designed for high current heavy ions. As thenext step we will use heavier elements such as Al, Fe, and Ta as targets in laser ion source usinghigh power laser, for example, glass laser for DPIS and will examine properties of laser-producedplasma for highly charged ion production.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:15.45

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.