検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Unified model of nuclear mass and level density formulas

原子核質量及び準位密度の統合モデル

深堀 智生; 中村 久*

Fukahori, Tokio; Nakamura, Hisashi*

原子核の基底及び励起準位の特徴は、原子核質量及び準位密度公式におけるパラメータの系統性を使用することにより記述される。これらの公式は、新しい方法による殻・対補正を導入した単一粒子準位密度の解析的な記述を基礎としている。主な特徴は、基底準位付近の液滴模型への殻効果,対効果,変形効果である。これらの効果は高励起エネルギーでは、消失する。本論文の主目的は、解析的枠組みの中で、改良されたエネルギー依存の殻エネルギー補正,対エネルギー補正,変形エネルギー補正を集団運動による増強因子に導入することにある。これらの補正は、非常に多くの核反応に系統的な記述を与える。新しい公式は、経験的な原子核質量データだけでなく、低エネルギーでの中性子共鳴間隔の測定値や励起エネルギー依存性に見られる実験的な系統性に非常に良い一致を示している。

Nuclear ground and excited state properties are described by using parameter systematics on mass and level density formulas. The formulas are based on an analytical expression of the single-particle state density by introducing the shell-paring correction in a new way. Main features are the shell, paring, and deformation effects on the droplet model near the ground state, which are washed out at higher excitation energies. The main aim of this paper is to provide in the analytical framework the improved energy dependent shell, paring, and deformation corrections generalized to the collective enhancement factors, which offer a systematic presentation over a great number of nuclear reactions. The new formulas are shown to be in close agreement with not only the empirical nuclear mass data but also the measured slow neutron resonance spacing and experimental systematics observed in the excitation energy dependent properties.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:46.72

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.