検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Cavitation damage prediction for spallation target vessels by assessment of acoustic vibration

核破砕ターゲット容器における音響振動評価によるキャビテーション損傷診断

二川 正敏; 粉川 広行; 長谷川 勝一; 池田 裕二郎; Riemer, B.*; Wendel, M.*; Haines, J.*; Bauer, G.*; 直江 崇  ; 沖田 浩平*; 藤原 暁子*; 松本 洋一郎*; 田中 伸厚*

Futakawa, Masatoshi; Kogawa, Hiroyuki; Hasegawa, Shoichi; Ikeda, Yujiro; Riemer, B.*; Wendel, M.*; Haines, J.*; Bauer, G.*; Naoe, Takashi; Okita, Kohei*; Fujiwara, Akiko*; Matsumoto, Yoichiro*; Tanaka, Nobuatsu*

水銀ターゲットの圧力波によるキャビテーション損傷について、ロスアラモス研究所の陽子加速器を用いたイオンビーム実験を実施し、著者らが考案した音響振動計測に基づいた損傷ポテンシャルの計測及び評価を行った。水銀流動条件による損傷の程度は、流れなしの場合に最も大きく、流れ有り、さらに気泡を注入したときに、一層低下することが、光学的な損傷観察結果よりわかった。これらの傾向は、損傷ポテンシャルの計測結果とよく一致した。これより、音響振動から評価した損傷ポテンシャルはキャビテーション損傷に関するその場診断技術として有効であること、また気泡混入法が損傷低減技術として期待できることを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:12.89

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.