検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Evaluation of Japanese cooperation to safeguards implementation as one of best practices in terms of openness and transparency

公開性・透明性の観点からベストプラクティスとしての日本の保障措置対応に関する評価

倉崎 高明*; 道正 久春; 太田 清和*; 堀 啓一郎; 栗林 敏広; 大塚 直人

Kurasaki, Takaaki*; Dosho, Hisaharu; Ota, Kiyokazu*; Hori, Keiichiro; Kuribayashi, Toshihiro; Otsuka, Naoto

日本は、国際的信頼の下、フルスコープの核燃料サイクル計画と活動を有する唯一の非核兵器国である。この調査では、主として信頼醸成の観点から、他国にとっても有用であると考えられる、好ましい例(ベストプラクティス)を明確化するために、IAEA保障措置実施にかかわる日本の協力について焦点を当てたものである。日本のIAEA保障措置への協力,事例とともに8項目にまとめた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.