検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Am-241の$$gamma$$線に着目した排気中$$alpha$$放射能モニタリングの経験

An Experience of alpha-radioactivity monitoring aiming at $$gamma$$-rays from Am-241 in airborne effluent

伊東 康久; 三上 智 ; 宮内 亨; 秋山 聖光; 小林 博英; 小沢 友康*; 横田 友和*

Ito, Yasuhisa; Mikami, Satoshi; Miyauchi, Toru; Akiyama, Kiyomitsu; Kobayashi, Hirohide; Kozawa, Tomoyasu*; Yokota, Tomokazu*

再処理施設における排気中の$$alpha$$放射能の濃度評価は、通常Rn-Tn子孫核種減衰後(3日後)に測定を行い評価している。しかし、放出源の調査及び放出濃度の低減化措置を速やかに進めるには、調査に伴うサンプリング結果を作業ごとに短時間で得ることが必要である。そこで、Rn-Tn子孫核種の影響を受けることがない、Am-241の$$gamma$$線に着目したモニタリング手法を採用した。採用した手法により作業管理,排気筒の放出濃度の推定を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.