検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of the spin and magnetic moment of $$^{23}$$Al

$$^{23}$$Alのスピンと磁気モーメントの測定

小澤 顕*; 松多 健策*; 長友 傑*; 三原 基嗣*; 山田 一成*; 山口 貴之*; 大坪 隆*; 百田 佐多夫*; 泉川 卓司*; 炭竃 聡之*; 中島 良樹*; 藤原 裕樹*; 神代 真一*; 松宮 亮平*; 太田 雅洋*; 篠島 大亮*; 田中 秀樹*; 安野 琢磨*; 中島 真平*; 鈴木 健*; 吉田 光一*; 村中 九水*; 前村 尚*; 千葉 明子*; 宇都野 穣; 福田 光順*; 田中 鐘信*; 谷畑 勇夫*; 野尻 洋一*; 南園 忠則*; Alonso, J. R.*; Krebs, G. F.*; Symons, T. J. M.*

Ozawa, Akira*; Matsuta, Kensaku*; Nagatomo, Takashi*; Mihara, Mototsugu*; Yamada, Kazunari*; Yamaguchi, Takayuki*; Otsubo, Takashi*; Momota, Sadao*; Izumikawa, Takuji*; Sumikama, Toshiyuki*; Nakashima, Yoshiki*; Fujiwara, Yuki*; Kumashiro, Shinichi*; Matsumiya, Ryohei*; Ota, Masahiro*; Shinojima, Dairyo*; Tanaka, Hideki*; Yasuno, Takuma*; Nakajima, Shimpei*; Suzuki, Takeshi*; Yoshida, Koichi*; Muranaka, Kyusui*; Maemura, Takashi*; Chiba, Akiko*; Utsuno, Yutaka; Fukuda, Mitsunori*; Tanaka, Kanenobu*; Tanihata, Isao*; Nojiri, Yoichi*; Minamisono, Tadanori*; Alonso, J. R.*; Krebs, G. F.*; Symons, T. J. M.*

理化学研究所のリングサイクロトロンで、陽子過剰核$$^{23}$$Alの${it g}$因子を初めて測定した。実験的に測定された${it g}$因子の絶対値は、1.557$$pm$$0.088と決められた。この原子核は、鏡像核$$^{23}$$Neのエネルギー準位から見ると、基底状態は1/2$$^{+}$$もしくは5/2$$^{+}$$と考えられる。決められた${it g}$因子と殻模型計算による${it g}$因子との比較から1/2$$^{+}$$は明らかに否定されるため、基底状態のスピンは5/2$$^{+}$$と与えられた。これまで、$$^{23}$$Alは陽子ハロー構造のため、1/2$$^{+}$$状態が基底状態になる可能性が議論されてきたが、この実験により少なくとも基底状態にハロー構造が存在しないことがはっきりした。また、$$^{23}$$Neの磁気モーメントの実験値から、$$^{23}$$Alの基底状態におけるアイソスカラー固有スピンの期待値が求められるが、その値は$$^9$$Cのように異常な値を示さず、正常であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:10.58

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.