検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Direct evidence for the onset of intruder configurations in neutron-rich Ne isotopes

中性子過剰Ne同位体における侵入者配位の始まりについての直接的証拠

Terry, J. R.*; Basin, D.*; Brown, B. A.*; Campbell, C. M.*; Church, J. A.*; Cook, J. M.*; Davies, A. D.*; Dinca, D.-C.*; Enders, J.*; Gade, A.*; Glasmacher, T.*; Hansen, P. G.*; Lecouey, J. L.*; 大塚 孝治*; Pritychenko, B.*; Sherrill, B. M.*; Tostevin, J. A.*; 宇都野 穣; 米田 健一*; Zwahlen, H.*

Terry, J. R.*; Basin, D.*; Brown, B. A.*; Campbell, C. M.*; Church, J. A.*; Cook, J. M.*; Davies, A. D.*; Dinca, D.-C.*; Enders, J.*; Gade, A.*; Glasmacher, T.*; Hansen, P. G.*; Lecouey, J. L.*; Otsuka, Takaharu*; Pritychenko, B.*; Sherrill, B. M.*; Tostevin, J. A.*; Utsuno, Yutaka; Yoneda, Kenichi*; Zwahlen, H.*

アメリカ・ミシガン州立大学にある超伝導サイクロトロンを用いて生成された、中性子過剰核$$^{28}$$Neの一中性子ノックアウト反応により、$$^{27}$$Neの低励起状態を探索した。その結果、885keVの765keVの二つの励起状態が見つかった。中性子数20の魔法数が良いと仮定したsd殻模型計算では、この原子核では中性子分離エネルギーまでに一つしか励起状態がないとされるため、少なくともこれらのうち一つは魔法数を規定する20の殻ギャップを超えて中性子が励起した状態と結論づけられる。原子力機構で行ったモンテカルロ殻模型計算によると、中性子数20の殻ギャップがNe同位体ではかなり縮まるため、1粒子1空孔励起した配位が主である負パリティ状態が1MeV以下の低い励起エネルギーに出現することが予言されている。この実験結果はまさにそのような状態が存在することを示したものであり、Neにおける殻ギャップについて大きな知見を与えた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:6.48

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.