検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Research and development of fusion grid infrastructure based on Atomic Energy Grid InfraStructure (AEGIS)

原子力グリッド基盤(AEGIS)による核融合グリッド基盤の研究開発

鈴木 喜雄  ; 中島 康平; 櫛田 慶幸; 木野 千晶; 青柳 哲雄; 中島 憲宏 ; 射場 克幸*; 林 伸彦; 小関 隆久; 戸塚 俊之; 中西 秀哉*; 長山 好夫*

Suzuki, Yoshio; Nakajima, Kohei; Kushida, Noriyuki; Kino, Chiaki; Aoyagi, Tetsuo; Nakajima, Norihiro; Iba, Katsuyuki*; Hayashi, Nobuhiko; Ozeki, Takahisa; Totsuka, Toshiyuki; Nakanishi, Hideya*; Nagayama, Yoshio*

那珂核融合研究所と核融合科学研究所との共同研究により、システム計算科学センターでは、原子力グリッド基盤(AEGIS)をもとに、核融合研究の実験や解析のための統合フレームワークの確立を目指している。AEGISは、遠隔地の研究者が、インターネットを介して効率的,協調的に研究開発を実施可能とする基盤を提供することを目的にシステム計算科学センターにおいて開発が進められている。統合フレームワークの構築を目指し、われわれは、AEGISを既存の3つのシステム: 実験システム,遠隔データ収集システム,統合解析システムに適用している。実験システムに対しては、JT-60を用いた安全な遠隔実験システムを達成している。遠隔データ収集システムに対しては、LHDのデータ収集・管理システム(LABCOMシステム)とJT-60のデータシステムから得られる実験データを透過的に扱えるシステム構築を進めている。統合解析システムは、異なる研究機関にまたがって異機種計算機環境で実行可能なシステムへと拡張されている。

In collaboration with the Naka Fusion Institute of Japan Atomic Energy Agency (NFI/JAEA) and the National Institute for Fusion Science of National Institute of Natural Science (NIFS/NINS), Center for Computational Science and E-systems of Japan Atomic Energy Agency (CCSE/JAEA) aims at establishing an integrated framework for experiments and analyses in nuclear fusion research based on the Atomic Energy Grid InfraStructure (AEGIS). AEGIS has been being developed by CCSE/JAEA aiming at providing the infrastructure that enables atomic energy researchers in remote locations to carry out R&D efficiently and collaboratively through the Internet. Toward establishing the integrated framework, we have been applying AEGIS to pre-existing three systems.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:25.63

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.