検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子炉施設廃止措置のための残存放射能インベントリ評価コードシステムRADO

Computer code system "RADO" for evaluating residual radioactive inventory in decommissioning of nuclear reactor

助川 武則; 島田 太郎; 白石 邦生; 立花 光夫; 石神 努

Sukegawa, Takenori; Shimada, Taro; Shiraishi, Kunio; Tachibana, Mitsuo; Ishigami, Tsutomu

廃止措置を行う原子炉施設に残存する放射化放射能インベントリを評価する計算コードシステムRADOを整備した。本コードシステムは、巨視的実効断面積の計算,中性子束の計算及び放射化放射能インベントリの計算を行う計算プログラムから構成される。本報告書は、放射化放射能インベントリ評価手法の概要,RADOコードシステムの全体構成と機能,各計算プログラムの入出力データをまとめたものである。また、これまで原子力機構で研究用原子炉の廃止措置のために行った残存放射化放射能インベントリ計算から得られた知見に基づき、中性子束計算や放射化放射能計算における入力パラメータの設定の考え方を述べた。

We developed the RADO code system for evaluating residual radioactive inventory in decommissioning of nuclear reactor. The code system consists of computer programs which calculate macroscopic effective cross section, neutron flux, and radioactive inventory. This report describes an evaluation method of radioactive inventory, structure and functions of RADO, input and output of RADO, and sample run with RADO.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.