検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Bandwidth enhancement of optical parametric chirped pulse amplification by temporally delayed two pump beams

広帯域2ビーム励起によるOPCPA帯域の広帯域化

小川 奏; 青山 誠; 赤羽 温; 辻 公一; 河仲 準二*; 張本 鉄雄*; 西岡 一*; 藤田 雅之*; 山川 考一

Ogawa, Kanade; Aoyama, Makoto; Akahane, Yutaka; Tsuji, Koichi; Kawanaka, Junji*; Harimoto, Tetsuo*; Nishioka, Hajime*; Fujita, Masayuki*; Yamakawa, Koichi

アト秒パルス発生のための数サイクルパルス光を生成するためには、400nmを超える超広帯域な増幅帯域が必要である。この超広帯域増幅を実現するために、光パラメトリックチャープパルス増幅(OPCPA)法を用いた研究が盛んに行われている。われわれは既に広帯域励起光を用いた広帯域光OPCPAによって、波長1020nmを中心とした200nmの増幅帯域を得ている。本論文は、2つの広帯域励起光を同一の結晶にタイミングをずらして入射することでおよそ350nmの増幅帯域を得たことに関する報告である。これは1ビームで増幅した場合と比較しておよそ2倍に増幅帯域を拡張することができたことになる。

We have demonstrated ultra-broadband optical parametric chirped-pulse amplification of more than 350 nm bandwidth in a near infrared region. We have observed a substantial enhancement (nearly 2-fold) of the parametric amplification bandwidth by using time delayed two broadband pump pulses at degeneracy.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:67.22

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.