検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「JAEA Abstracts」と「JOPSS」; 機関リポジトリの先駆け

"JAEA Abstracts" and "JOPSS"; Pioneer of institutional repository

權田 真幸; 池田 貴儀; 海老澤 直美*

Gonda, Mayuki; Ikeda, Kiyoshi; Ebisawa, Naomi*

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は今日のように機関リポジトリが台頭する前から、インターネットを通じて研究開発成果を発信している。現在は「JAEA Abstracts」(研究開発成果抄録集)と「JOPSS」(JAEA Originated Papers Searching System、研究開発成果検索・閲覧システム)の2つのシステムを公開しており、図書館が運営している。本稿では、機関リポジトリの先例として、原子力機構図書館における研究開発成果発信の歴史を振り返るとともに、その現状と直面する課題を紹介する。

Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has disseminated research results via the Internet from before institutional repositories are provided by many universities and institutes. JAEA Library is providing 2 systems, "JAEA Abstracts" and "JOPSS" (JAEA Originated Papers Searching System) today. In this article, the history and the present situation of dissemination of JAEA's research results are reviewed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.