検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Proceedings of the 2006 Symposium on Nuclear Data; January 25-26, 2007, RICOTTI, Tokai, Japan

2006年度核データ研究会報文集; 2007年1月25$$sim$$26日,テクノ交流館リコッティ,東海村

羽様 平; 深堀 智生

Hazama, Taira; Fukahori, Tokio

2006年度核データ研究会が2007年1月25日と26日の両日、東海村のテクノ交流館リコッティにおいて約80名の参加の下で開催された。この研究会は日本原子力学会核データ部会の主催、日本原子力学会北関東支部の協力により開催されたものである。口頭発表では、原子炉設計における核データニーズや非エネルギー分野での核データの利用について6件報告された。ポスター発表では、核データの測定,評価や、ベンチマークテスト及び応用等について16件報告された。共分散データの利用やMVPについてのチュートリアルも実施された。本報文集はそれらの論文の一部をまとめたものである。

The 2006 Symposium on Nuclear Data was held at RICOTTI at Tokai-mura, Ibaraki-ken, Japan, on 25th and 26th of January 2007, with about 80 participants. Nuclear Data Division of Atomic Energy Society of Japan organized this symposium with cooperation of North Kanto Branch of the society. In the oral sessions, presented were 6 papers on topics of nuclear data needs for the fission reactor developments and non-energy nuclear applications. In the poster session, presented were 16 papers concerning experiments, evaluations, benchmark tests, applications, and so on. Tutorials on nuclear data, which were for uses of covariance data and MVP code, were also done. Major part of those presented papers is compiled in this proceedings.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.