検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

R&D supporting the technology for safe and practical HLW disposal in Japan

日本における高レベル放射性廃棄物の地層処分の安全性と実用性を確保するための技術を支える研究開発

瀬尾 俊弘 ; 笹尾 英嗣  ; 能登屋 信 ; 清水 和彦

Seo, Toshihiro; Sasao, Eiji; Notoya, Shin; Shimizu, Kazuhiko

日本原子力研究開発機構は、高レベル放射性廃棄物の地層処分事業の実施と安全規制の双方に寄与することを目的として高レベル放射性廃棄物処分技術に関する研究開発を行ってきた。この研究開発は地層環境,地層処分工学技術及び性能評価まで多岐に渡っている。二つの地下試験施設(瑞浪と幌延)においては、地表からの調査が完了し、主立坑及び換気立坑の掘削が進められている。火山活動や断層といった天然現象の研究も実施中である。地層処分基盤研究施設や地層処分放射科学研究施設ではニアフィールドにおける定量的な長期評価のためのモデル開発及びデータベースの整備に関連した工学技術の開発が行われている。これらの研究開発の成果及び膨大なデータを管理するために、原子力機構では実施主体と規制当局の双方を支援するための技術基盤を提供する、知識マネジメントシステムを開発する新規プロジェクトを開始したところである。

JAEA has promoted research and development of HLW disposal technology to contribute to both implementation and safety regulation. This R&D covers the geological environment, repository engineering and performance assessment. At two underground laboratories (Mizunami and Horonobe), surface-based investigations have been completed, and the excavation of shafts and drifts is underway. A complementary study of natural disruptive phenomena, such as volcanism and faulting, has also been conducted. In the ENTRY and QUALITY research facilities, the development of engineering technologies with associated advanced models and databases for quantification of the long-term evolution of the near-field has been carried out. To integrate these R&D activities and manage the huge amount of data that they produce, JAEA has initiated a novel project to develop an advanced knowledge management system which will provide a technical knowledge base for supporting both implementers and regulators.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.