検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

空中レーザー計測による活断層変位地形の把握と変位量復元の試み

Fault-related features and restoration of fault slips revealed by airborne laser imagery along the Senya fault and Adera fault

中田 高*; 隈元 崇*; 奥村 晃史*; 後藤 秀昭*; 熊原 康博*; 野原 壯; 里 優*; 岩永 昇二*

Nakata, Takashi*; Kumamoto, Takashi*; Okumura, Koji*; Goto, Hideaki*; Kumahara, Yasuhiro*; Nohara, Tsuyoshi; Sato, Masaru*; Iwanaga, Shoji*

活断層に沿った変位量分布の情報は、活断層の空間的な分布や、地下の断層面のアスペリティの偏在を理解するための基礎的情報であり、多くの研究者による精力的な調査・研究が行われている。これまで、このような情報は空中写真判読や地上での測量などにより情報を得ていた。しかし、空中写真判読は、使用する写真や判読者により地域差や個人差が生じる問題がある。また、空中写真判読や測量には多大な労力と時間がかかる。一方、日本のように植生に覆われる斜面や家屋が密集する市街地が広く分布する地域では、空中写真判読や、地形測量の実施が困難な場合が少なくない。本研究では、植生等の影響が少ない地域で実施されている空中からのレーザー計測の国内での適用可能性を検討するため、横手盆地東縁の千屋丘陵周辺と阿寺断層沿いにおいて、独自に空中レーザー計測を実施し、そのデータを用いて三次元画像化による断層変位地形の把握と、断層変位量計測の手法的検討を行った。その結果、国内の活断層での空中レーザー計測により、断層変位地形や断層変位量の広域的な情報を効率的に取得できることがわかった。

Laser imagery technique is applied to obtain comprehensive features of typical reverse fault (Senya fault in NE Japan) and strike-slip fault (Adera fault in Central Japan). We test several methods for obtaining fault slip from detailed DEM images. Using the visual analyzer "Geo-Graphia", several three-dimensional laser imageries are processed around Senya hill, especially along the surface fault ruptures associated with 1896 Rikuu earthquake. We compared amount of fault slips along the fault ruptures measured by field work (Matsuda et al., 1980) with that obtained by automatic and manual profiling using detailed DEM. Three-dimensional laser imageries are also processed along Adera fault, and slip vectors are restored based on successively faulted terrace risers around Sakashita town.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.