検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延沿岸域を対象とした地質環境の調査・評価技術の整備

Development of know-how and systematic techniques for characterisation of coastal geological environment at Horonobe

山中 義彰; 松岡 稔幸; 浅森 浩一; 太田 久仁雄

Yamanaka, Yoshiaki; Matsuoka, Toshiyuki; Asamori, Koichi; Ota, Kunio

日本原子力研究開発機構では、資源エネルギー庁の委託事業「地質環境総合評価技術高度化開発」の柱として、調査計画の立案などを支援する次世代型サイト特性調査情報統合システム(ISIS:Information Synthesis and Interpretation System)の開発を行っている。ISISが必要とする地質環境調査・評価に関する「知識」(ノウハウや判断根拠)のうち、沿岸域の「知識」の体系化と信頼性を向上させるため、北海道幌延町の沿岸域をフィールドとした研究を開始した。これまでの物理探査の計画立案において重要視された地質構造の抽出のみならず地下水流動解析のためのデータ収集を目的とした測線計画を提案した。今後は、浅海域も含めた物理探査などの調査結果を取り入れ、地質環境のモデル化や地下水流動解析を繰り返し行うことにより、調査・評価技術の整備を図る計画である。

Characterisation of the coastal geological environment has now been running since July 2007 at Horonobe, northern Hokkaido, with the main aims of establishing a comprehensive coastal site characterisation technology and enhancing its reliability. Work carried out to date involves a survey and interpretation of the existing information, identification of key investigation issues and planning of ground exploration. Development of technical know-how and decision process for the work, in particular the geophysical surveys, has been initiated to provide "knowledge" to support a site characterisation project.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.