検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

有限温度原子核物質の状態方程式

Equation of state of nuclear matter at finite temperature

丸山 敏毅; 丸山 智幸*; 巽 敏隆*; 千葉 敏

Maruyama, Toshiki; Maruyama, Tomoyuki*; Tatsumi, Toshitaka*; Chiba, Satoshi

有限温度に拡張した相対論的平均場模型によって、原子核物質の構造と状態方程式をもとめた。低密度で一様物質の圧力が負になる領域では密度の高い液相と密度の低い気相とに分かれ、それが球形や棒状といったパスタ構造を形成することがわかった。このパスタ構造の現れる範囲は、密度に対する一様物質の圧力の勾配が負になるスピノーダル領域と、その周辺である。ゼロ温度に対する有限温度の特徴として、パスタ構造の現れる密度領域より低密度側に、安定な一様物質の領域(気相)が現れることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.