検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速増殖炉サイクル実用化研究開発(FaCTプロジェクト); 工学規模ホット試験施設の設計検討(中間報告)

Fast Reactor Cycle Technology Development Project (FaCT Project); A Design study on an engineering-scale hot test facility (Interim report)

中村 博文; 永井 俊尚; 須藤 俊幸; 小坂 一郎; 中崎 和寿; 須藤 真也; 中村 友隆; 中林 弘樹; 林 直人; 角田 大作

Nakamura, Hirofumi; Nagai, Toshihisa; Suto, Toshiyuki; Kosaka, Ichiro; Nakazaki, Katsutoshi; Suto, Shinya; Nakamura, Tomotaka; Nakabayashi, Hiroki; Hayashi, Naoto; Sumida, Daisaku

日本原子力研究開発機構では、高速増殖炉サイクルの実用化を目指した研究開発として、「高速増殖炉サイクル実用化研究開発(FaCTプロジェクト)」を2007年度より実施している。再処理システムの研究開発においては、要素技術開発成果に基づき工学規模ホット試験を実施して革新的技術やシステム,プラントに関する性能,運転・保守等に関する実証データを提示するとともに、得られた技術的知見を実証施設の設計に反映することを計画している。本報告書は、上記の先進湿式法再処理システムについて工学規模ホット試験を行うための施設に関する設計検討の中間報告である。本報告書では、試験施設の設計成果に加えて、工学規模ホット試験の位置づけ,試験施設に求められる要求仕様や施設基本計画についても整理を行った結果も取りまとめた。また、本書では検討の幅を広げるために実施した幾つかのケーススタディの結果についても示した。

Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has been conducting "Fast Reactor Cycle Technology Development Project (FaCT Project)" for the purposes of researching and developing the technologies for the fast breeder reactor cycle commercialization since Japanese fiscal year (JFY) 2007. Based on the above R&D program for reprocessing system, the engineering-scale hot test would provide demonstration data on the specification, operation and maintenance of the adapted innovative technologies, system and plant. And more, these results would be fed to the design of the demonstration facility planning on the FaCT project road map. This report is the interim report of design studies about the engineering-scale hot test facility and includes not only design of the equipment and facility, but also consideration for design principle, requirements and facility basic planning.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.