検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Cerebral methodology based computing for estimating validity of simulation results

シミュレーション結果の妥当性評価のための思考的コンピューティング

鈴木 喜雄  ; 西田 明美 ; 山田 知典; 新谷 文将; 林 幸子; 中島 憲宏 ; 平山 俊雄

Suzuki, Yoshio; Nishida, Akemi; Yamada, Tomonori; Araya, Fumimasa; Hayashi, Sachiko; Nakajima, Norihiro; Hirayama, Toshio

われわれは、「思考的コンピューティングCMC」を構築することにより、シミュレーション結果の妥当性を評価することを目指している。シミュレーション結果の妥当性を推定することは、シミュレーションを用いて現象を正確に予測するために不可欠である。しかしながら、シミュレーションは、不確実性・不確定性を含んでいるため、一つだけのシミュレーションから妥当性を推定することは不可能である。そこで、われわれは、人間の思考過程のように多様なアプローチから得られる結果を統合的に処理することにより妥当性を推定できるコンピューティングとして、思考的コンピューティングCMCを提案した。また、CMCを実現するため、多様なアプローチとして演繹シミュレーションと帰納シミュレーションを実行し、統合処理としてシミュレーション結果を結合できるシステムを提案している。さらに、本システムを原子炉の熱変位解析に適用し、システムの有用性を確認した。

Our challenge is to estimate the validity of simulation results by establishing "Cerebral Methodology Based Computing (CMC)". The estimation of the validity is indispensable to accurately predict phenomena by using simulation. It is difficult to estimate the validity from a single simulation because the simulation contains uncertainties and ambiguities. We have proposed CMC as the computing methodology which enables us to estimate the validity of results with both deductive and inductive approaches, similar to the human thinking process. To realize CMC, we have constructed the system which enables us to execute both deductive simulations and inductive simulations, and then combine results of those simulations in an integration process. We have applied the system to a thermal displacement analysis of a nuclear power plant and confirmed the usefulness of the system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.