検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

廃棄物管理システムの開発,1; 廃棄物管理システムの概念検討

Development of waste management system, 1; Concept construction of the system

黒木 亮一郎; 伊藤 史典*; 仲田 久和; 山本 修次; 高橋 邦明

Kuroki, Ryoichiro; Ito, Fuminori*; Nakata, Hisakazu; Yamamoto, Shuji; Takahashi, Kuniaki

日本原子力研究開発機構(以下、「機構」)における廃棄物の発生から処理・処分までのすべてにかかわるデータを一元的に管理するシステム(以下、「廃棄物管理システム」)の開発を行うこととし、当該システムの概念についての検討を行った。まず、機構における廃棄物管理の現状及び課題を整理して開発方針を設定し、廃棄物管理システムが提供すべき情報を抽出した。これらを前提条件として、本システムで管理する400項目超のデータ項目を整理するとともに、システムの構成概念と具体的な機能を検討し、廃棄物管理システムの概念をまとめた。具体的には、廃棄物管理システムが扱うデータは、放射性廃棄物の埋設処分にあたり必要となる廃棄体品質保証にかかわるデータと、廃棄物処理処分体系の最適化検討や定期報告事項などにかかわるデータに分けられることから、廃棄物管理システムはこれらのデータおのおのについて、提供すべき情報に加工するためのデータの解析機能(プログラム)と、データの管理機能(データベース)を基本構成とし、これら機能をすべてネットワーク上に構築した合理的なシステムとすることを提案した。

The concept of "Waste Management System" which manages all the waste data from generation to disposal in Japan Atomic Energy Agency (JAEA) was studied. At first, development policy was defined on investigation results of the present state and problem of waste management in JAEA, and target information supplied by "Waste Management System" were extracted. Then over 400 data items to be managed in this system, system configuration and specific functions were shown as system concept. The waste data managed on this system are classified into two categories; for quality assurance of waste packages and for optimization study of waste conditioning and disposal and information service. This system consists of analytical part (i.e. program) and management part (i.e. database) for each data, then all these parts are constructed on network.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.