検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画の工学技術へのACROSSの応用に関する検討; 2007年度年報

Examination concerning application of ACROSS to engineering technology of the MIU project; Annual report, fiscal year 2007

長谷川 健; 國友 孝洋; 中島 崇裕; 熊澤 峰夫*; 黒田 英高*; 弥富 洋介; 浅井 秀明; 松井 裕哉

Hasegawa, Ken; Kunitomo, Takahiro; Nakajima, Takahiro; Kumazawa, Mineo*; Kuroda, Hidetaka*; Iyatomi, Yosuke; Asai, Hideaki; Matsui, Hiroya

陸域地下構造フロンティア研究プロジェクトの一環として研究開発されたアクロス(ACROSS: Accurately Controlled Routinely Operated Signal Systemの頭文字をとったもの)は地震研究をその目的としていたが、そこで培われた技術(信号の送受信技術並びにデータの解析技術)は非常に汎用性に富むものであり、超深地層研究所計画における工学技術の一環として、坑道掘削による坑道周辺の地質環境の時間的変化や研究坑道の健全性の監視技術として利用可能かどうかについて2007年度から3年間を目途に検討を進めることとした。3年間の内訳は、1年目がアクロス観測網の整備,2年目がデータの収集,3年目がデータの解析及び適用性の評価となっている。本報告書では、1年目の成果であるACROSS観測網の整備並びにアクロスの基盤的研究の成果について述べる。

We considered the ACROSS(Accurately Controlled Routinely Operated Signal System)technology may apply to the engineering technology of the MIU project, for example monitoring of the change of the geological environment around shafts and also the strength of the shaft concrete itself. It is planned that the examination for three years will be made from fiscal year 2007. The first year is expansion of the network of observation stations, the second year is data acquisition and last year is the analysis of data and evaluation of the ACROSS. In this report, we describe the results of fundamental studies of the ACROSS and the preparation of the ACROSS observation stations, performed in fiscal year 2007.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.